彼女の休日!一日部屋を貸していたらとんでもないことになっていました。

彼女が出来、時々僕の部屋へ遊びに来るようになりました。僕は映画が大好きなので、結構コレクションがあり、時々一緒にそれを見て楽しんでいました。

付き合ってかなり日にちも経っていましたので、僕のいない日でも映画を見に来たらいいよといつも言っていました。しかし、僕のいない日にお邪魔するのはちょっと言って、相手はずっと遠慮していました。ある日、前から見たいと言っていた映画が手に入ったと伝えると、早速見に行きたいという返事でした。しかし、その頃、僕は仕事が忙しく、お互いスケジュールが合わず、すぐには会えない状態でした。結局、僕がいない日に映画を見に来ることになりました。

僕は普段から、部屋はきれいにはしているつもりですが、彼女が家でずっと一人でお留守番となると、きっと色々見られると思いましたし、だらしないと思われるのも嫌でした。そのため、もう少しきちんと片付けておいた方が良いかなと思い、自分としては完璧と思えるくらいきれいにしました。

僕の家で留守番中に何をして過ごしていたのかは分かりません。ただ、ずっといてもいいよとは言っておいたので、その日は一日中僕の部屋でゆっくりしていたようです。

その日も僕は忙しく、帰る時間がかなり遅くなりました。帰ってみて、部屋に入るとびっくりです。これが僕の部屋なの?と目を疑いました。まず、昼と夜の食べた弁当の容器がテーブルにそのまま残っていましたし、コップなども洗わず、いくつも出しっぱなしです。お菓子の袋や食べかすが床に散らかり、映画のCDも直さず出しっぱなし、読んだ雑誌や本もそのまま床に転がっていました。完璧に近いくらい綺麗に掃除をしていたはずの部屋が、一日でどうしてこのようになってしまうのかと思いました。

この時彼女が今までどのように生活をしてきたのか、どのような性格なのか分かったような気がしました。きれいだった部屋を一日で散らかすことに対して、ある意味天才なのかもしれません。

しかし、可愛い笑顔で、「ごめんね」と言われると、怒る気にもならず、しょうがないとその時は思いました。片付けは出来ないけれど、性格はおおらかで、やさしい女の子です。おおらかだから、散らかしてしまうのかなとも思います。

しかし、このままではいけないと思うようになり、最近は、使ったものは片付けましょうと相手に伝えるようにしています。そのせいか少しは、自分でものを捨てたり、使ったものを元に戻したりしてくれるようになりました。

今は前と比べると部屋を綺麗に使ってくれるようになりました。いつまでもこの幸せが続けばいいなと思います。

tepp55