大家からクレーム!彼女がマンションを追い出されたわけ

彼女がマンションを追い出されたと自分の部屋へ転がり込んできました。泣いて取り乱しているし、パニックにもなっているので、なんとかなだめるのに時間がかかり、原因を知るのにさらに時間がかかりました。自分の恋人はさっぱりとした性格でおおざっぱな所があります。潔癖症を自覚している自分にはないところが魅力的でお付き合いを始めました。自分の潔癖症は重度ではないにしても、ほこりは無いし、あるべきところにあるべきものが片付いているし、洗剤やトイレットペーパー、歯磨き粉などの消耗品のストックがどのくらいあるか、冷蔵庫は常に綺麗で野菜が萎れてたり腐ってたりとかありえないといったレベルです。泣きやみ落ち着いた彼女から理由を聞くと大家からクレームをつけられマンションを出て行ってほしいと言われたという話でした。付き合って日が浅く、お部屋へお邪魔しても全ての部屋を把握していたわけではないので、理解できなかったのですが、その時に改めてきちんと部屋へお邪魔して驚きました。自分が遊びに行っていた部屋は綺麗にしてあったのですが、どうも、ごみ部屋の住人だったようです。遊びに行く時のみ他の部屋へゴミを移動して綺麗にしていたらしく、そういえば、なんかコバエが多いなとは思ったことを思い出しました。食べた物や食べかけの物、ゴミなどを出さずに溜め込んでいたため、匂いや虫が発生し、それが原因で大家からクレームをつけられ、それでも片付けられなかったため、最終的に立ち退きを余儀なくされたという事のようです。自分とは生まれも育った環境も違う人ですので、自分の潔癖を押し付けるつもりはありませんが、マンションを追い出されるレベルってちょっとすごいなと他人事のように思えてしまいました。山積みのゴミに埋もれた部屋をさてどうしたものかと考えました。便利屋に頼んで清掃してもらうのが手っ取り早いですが、レベルによっては10万円を超える料金を支払わなければなりません。自分たちでできるのであれば、立ち退くにしても、御願いして住み続けるにしても片付けなければなりません。彼女は片付け方を知らないだけ、整理整頓の仕方を知らないだけなのです。それなら、自分が楽しく片づけが出来るようになるように、一からきちんと教えてあげようとかえってやる気が出てきました。その旨伝えると頑張ってみるとの事だったので、なんだか恋人としての距離がまた一つ近くなったようで、嬉しい気持になりました。

tepp55